2019-10-15

介護する側もされる側も、地元が一番!

高齢者向けの介護施設で働くことを検討されている方にとって、地元で働く場合に享受できるメリットはニ点あります。
それは、評判を確認した上で応募ができるという点と、地域貢献ができるという点です。

一つ目の評判を確認した上で働くことができるという点については、地元ならではのネットワークを活用できるからです。
介護施設と一口に言っても、その形態や社内環境、介護に対する考え方は様々であり、インターネットに書かれている情報のみでは判断しかねる部分が多数あります。
例えば、一人ひとりに寄り添ったケアを提供したくても、いかに多くの人にケアを提供できるか、ということを重視している施設に入社してしまうと、自分の理想とのギャップに悩む事になってしまいます。
したがって、入社を検討している介護施設が地元にある場合は、そこで実際に働く人の声や利用者の方の声などから、リアルな介護施設の実態を確認できるという点は、大きなメリットになるのです。

次にニつ目は、地域貢献ができるという点ですが、生まれ育った町を作り上げてきたのは高齢者の方々です。
そのため、地元の高齢者に対して手厚いケアを行うということは、地域に対して貢献しているということになります。
そして、社会的欲求が満たされると、介護の仕事に誇りが持てるようになり、長く続けるためのモチベーションにすることができるのです。
介護の仕事に苦労はつきものですが、慣れ親しんだ土地で働けば、このようなメリットを感じることができるでしょう。